〜合理的な分煙化・分煙対策に最適です〜
分煙機(分煙器)
フジタカコーポレーション会社案内
TOPページ

喫煙者を外に出さない合理的な分煙対策!簡易分煙ボックス「e-BOX」

合理的な分煙対策!簡易分煙ボックス「e-BOX」
オフィスや工場、食堂等の分煙化・分煙対策に最適な分煙機(分煙器)「e-BOX(イーボックス)」の紹介です。この分煙機なら短期間で導入可能。いつでも喫煙者とコミュニケーションが取れる合理的な分煙化・分煙対策が可能です。
厚生労働省推奨の屋外排気方式 組み立て約半日、大掛かりな工事不要 タバコの煙が外部に漏れない個室タイプ
シーンに合わせた分煙機選び
様々なシーンでの分煙化・分煙対策のニーズにお応えする為、フジタカコーポレーションでは各種分煙機(分煙器)、分煙テーブル、消煙灰皿、空気清浄システム等をご用意しております。お気軽にお問い合わせ下さい。
>>>スタイリッシュな喫煙コーナー「スモークポイント」
>>>フジタカコーポレーションの分煙対策商品のラインナップ
分煙テーブル
喫煙対策は十分ですか?
厚生労働省では会社のオフィスや飲食店、その他多くの人が利用する施設管理者に対して、施設利用者の受動喫煙防止措置を必要と定めています。
■受動喫煙防止対策助成金制度
顧客が喫煙できる事をサービスに含めて提供している旅館、料理店又は飲食店を営む中小企業に対し、喫煙室の設置等の取組に対する助成金制度(平成23年10月1日より)があります。
詳しい内容はお問い合わせください。
■平成15年5月施行「健康増進法」
 第25条 受動喫煙防止の努力義務規定

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店その他の多数の者が利用する施設を管理する者は、これらを利用する者について、受動喫煙(室内又はこれに準ずる環境において、他人のたばこの煙を吸わされることをいう。)を防止するために必要な措置を講ずるように努めなければならない。また、平成15年5月に改訂された「職場における喫煙対策のためのガイドライン」では受動喫煙防止、たばこの煙が漏れない喫煙室の設置、屋外排気方式の推奨といった内容が盛り込まれています。