入退場管理システムのメリットや特長

経費節減をしながら業務の効率化、そして活きたデータを蓄積する!

導入のメリット

業務の効率化を図ることが出来る

お客様をお迎えする施設では、入退場に関する場面で複数の業務や、人員が必要になってしまうことは、現場の方々でなくても容易に想像が出来ます。そんな複数で複雑な業務を効率的に行えるのがチケッティング(発券)・入退場ゲート管理システムです。様々なシーンに合わせてご提案致しますので、お気軽にお問合せください。

お問い合わせ

経費削減が可能

入場や退場に関して、大きな経費は人件費や管理費です。チケッティング(発券)・入退場ゲート管理システムを導入すると、業務の効率化が図れる為、経費を大幅に削減することが出来ます。
どのような導入例やシステムがあるのかは、実績や、ご提案をご覧ください。

システム販売・導入実績

入金管理が正確に出来る

入退場時など、様々な施設によっては、担当の方々が入金処理やチケット販売を行われるケースもあります。人の手が関わることにより、必ず発生してしまうのが、つり銭などの間違いです。
しかし、入場の費用に関わる部分を自動化すれば、入金管理がスムーズに、ミスなく行えるようになり、業務効率の向上に繋がります。

リピート性の向上を図ることが出来る

チケットシステムの中でもICカード、IDカード、プリペイドカードなどと連動したシステムを構築すると、リピーターの獲得に繋がります。
売上に直結し、販路の充実に繋がるシステムのご提案もお任せください。

空席管理などが自動で出来る

劇場などでは座席指定や残席などの管理が必要です。
これらの管理にはシステム導入が必要不可欠です。
完璧な管理で業務効率と顧客満足度の向上に繋がります。

Fujitakaの入退場管理はここが特長

様々なシーンを想定し、ゲートとシステムの連動をご提案

Fujitakaでは過去、様々なゲートシステムを導入して参りました。その蓄積したノウハウと、実際の現場から頂いた声を反映させ、あらゆるパターンのチケッティング(発券)・入退場ゲート管理システムをご提案する事が出来ます。入退場管理、経費削減、業務効率の向上など、様々な可能性と実現可能なソリューションは、Fujitakaにお任せください。

活きたデータを蓄積し、提供致します

チケッティング(発券)・入退場ゲート管理システムの導入のメリットは経費節減や、業務効率の向上など、表面的なメリットばかりではありません。Fujitakaでは、そのシステムに蓄積されたデータを活かし、今後の施設運営に欠かせない活きたデータをご提供致します。長期的な顧客確保もしくは顧客拡大に繋がるものこそ、企業に最も必要なデータではないでしょうか。その活きたデータの活用は、Fujitakaにお任せください。