飲食店の経営者様必見!ご存知ですか? 軽減税率対策補助金 今なら、券売機の購入に補助金を活用できるかもしれません。

2019年10月~消費税が10%に上がるのに合わせて、「軽減税率」という制度ができるのはご存知でしょうか?
「軽減税率」とは、持ち帰りの飲食料品などにのみ適用される制度で、適応商品は税率が8%になります。

このような複雑な税制度に対応するには、券売機などの軽減税率対応機器の導入がおすすめです。
対象機器の導入には補助金が下りる場合があります!ぜひ一度チェックしてみて下さい。

10% or 8%

その1軽減税率への対策って必要??

ニュースで「軽減税率」は聞いたことがあるけれど、自分には関係ないかも…
そんな風にお考えではありませんか?

実は、軽減税率の商品を販売する際には様々な決まりがあり、それに対応しなくてはなりません!

どんな場面で対策が必要か、どんな対策をすれば良いかなどを、「これで安心!軽減税率対策」で簡単にまとめています。ぜひご覧ください。

軽減税率への対策って必要??

その2あなたのお店は補助金対象?まずはチェック!!

  • テイクアウトの飲食料品を取り扱っている
  • 中小企業、または個人事業主である

どちらも当てはまった方、補助金を受けられる可能性大!

ぜひ一度、お問い合わせください。

あなたのお店は補助金対象?まずはチェック!!

その3どんな補助が受けられるの?

こんなケースで補助金を受けることができます!

  • 軽減税率対応の券売機を新しく導入する場合
  • ご使用中の券売機を、軽減税率対応の機械に入れ替える場合
  • ご使用中の券売機のシステムを、軽減税率対応のシステムにアップデートする場合

補助率は導入費用の3/4以内です。
ただし、補助の上限金額は20万円以内となります。
(設定や機器設置に費用がかかる場合は、さらに補助が加算されます。)

例えば券売機本体550,000円

補助は費用の3/4なので・・・550,000 × 3/4 = 412,000円ですが、補助には上限があるため200,000円 となります。※付帯作業費も補助金対象となります。

どんな補助が受けられるの?

その4どうやったら補助金を受けることができるの?

補助金の申請をして、審査に通れば補助を受けることができます。

申請は、個人または登録企業からの代理で行います。

Fujitakaは補助金の代理申請協力店として登録されているので、お客様の補助金申請を代理で行うことが可能です。

軽減税率への対応についてのご相談から、補助金申請まで、安心してお任せください!

どうやったら補助金を受けることができるの?

Fujitakaでは軽減税率対応の券売機を複数取り扱っております。

お客様のお店の状況やご希望に合わせて最適な機種をご提案し、補助金申請のサポートも可能ですので、この機会にぜひ一度、券売機のご購入・入替をご検討ください!

券売機