お知らせ

2020年08月17日

新型コロナウイルス感染拡大防止対策商品
検温機能付き入退場ゲート
入退出管理表示システム
リリース間近!

弊社では、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、検温機能を搭載した入退場ゲート及び入退室管理表示システムを開発しており、近日にリリースいたします。

「検温機能付き入退場ゲート」は、サーマルカメラで通行者の顔の表面温度を計測し、設定温度以上の発熱を感知すると、ゲートを通過できない仕組みとなっています。
顔認証による本人確認だけでなく、発券したチケットやIDカードなどと組み合わせた認証も可能。オフィスや商業施設などのエントランスでの入場者の体温チェックの自動化により、施設内での感染リスクを抑制するだけでなく検温者の感染リスクを無くし、入退場管理の省力化が期待できる入退場ゲートとなっています。

また、「入退出管理表示システム」は、入場者と退出者数をカウントし施設内の人数を表示する装置。施設内の混雑状況が把握できるので、施設内の「密」予防につながります。また、入退場ゲートと連動させることで、店内に滞留している人数が一定数を超えると入場制限することも可能です。

これらの商品の正式リリースが決まりましたら、改めてお知らせいたします。

当社では、省人、省力化だけでなく、感染症拡大予防につながる製品を開発し、安心安全な施設運営のお手伝いを行ってまいります。

検温機能付き入退場ゲート イメージ

●検温機能付き入退場ゲート イメージ

入退出管理表示システム イメージ

●入退出管理表示システム イメージ